現在の施工状況や施主さまの御意見をご紹介します


by tfcb0301
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ミヤガワトーヨー住器の建物講座( 2 )

伊勢市内の平屋の建物で洗濯物を干す物干し場を撤去してきました。物干し場は鉄骨で作成してありましたが、20年経って、各所が錆びてボロボロになってきてました。地震での転倒や、老朽化による手摺等が折れてケガをするのが怖いので、撤去しました。
当社では、建物の解体工事も行っています。
      解体工事のご用命は現場監督を配置したミヤガワトーヨー住器まで
f0156552_15192865.jpg

                  着工前
f0156552_15195750.jpg

                既設物干し場解体状況
f0156552_15203248.jpg

                   撤去作業完了
[PR]
by tfcb0301 | 2010-09-08 15:23 | ミヤガワトーヨー住器の建物講座

簡単に出来る外壁診断①

こんにちわ。現場監督兼営業をやってますくっさんといいます。
今日からみなさんのお困り事や、建物に関する知識を高めて頂こうと建物知識講座を開設しようと思います。この講座を立ち上げたきっかけは、みなさんの毎日のくらしに直結している大事なお住まいですが、お手入れを後回しにしているお客様が大変多く、依頼されて調査に出向くと手遅れというお宅も少なくはありません。ミヤガワトーヨー住器の建物講座で、お客様の建物に関する知識を高めてもらい、大事なお住まいを守ってあげる事ができたらな~と思い微力ながらお勉強してもらおうと開設しました。
本日は第1回目として、建物の外壁から分かる塗替えサインと、雨漏りに繋がる事例を解説します。
まずは皆さんのお宅の外壁でこんな状態はありませんか?
f0156552_16265642.jpg

見た目は一見まだまだきれいなお宅です。外壁には塗装を吹付けてあります。ではきれいに見える外壁を一度触ってみましょう。
f0156552_1675433.jpg
f0156552_168413.jpg

手にはチョークのような粉が付着してきました。これはチョーキング現象といい、外壁に塗ってある塗装のツヤが飛んでしまったいわゆる外壁塗替えサインです。
紫外線や風雨、熱により塗料が劣化し表面 が粉状になっていしまう現象です。表面の 防水性が失われているのでダメージを受けやすい状態と言えます。外壁を触って粉状 の塗料がついてくればチョーキング現象が 起きています。通常外壁に吹付けてある塗装が外壁を守り、雨水の浸入を防いでいますが、これを放っておくと外壁を傷めてしまい、雨水の侵入を許してしまいます。
このような状態になった時の対応策は外壁の塗替え工事になります。外壁の塗替えには、
①足場組立 ②外壁目地及び窓廻りコーキング打替え ③外壁の水洗い(高圧洗浄)④下塗り ⑤中塗り ⑥上塗り ⑦ベランダ及び屋根の防水工事※1 が必要になります。②外壁目地及び窓廻りコーキング打替えがなぜ必要か?は下記の写真を見てください。
f0156552_1622366.jpg

この写真は別のお宅の外壁と外壁の継ぎ目の状況です。この写真で分かると思いますが、継ぎ目にコーキングをしてありますが、完全にひび割れています。これも雨漏りの原因で、ほほ100%建物内に雨水が浸入してきているでしょう。この状態を放っておくと、建物内部の木が腐り、カビの発生及びシロアリの発生に繋がります。通常外壁の塗替え時にはコーキングの打替えはセットで行う事が鉄則です。外壁の塗替え及びコーキングの打替え及びベランダ・屋根の防水は基本的に10年が目安となります。工事費用は通常100万円~150万円ほど掛かりますが、建物も人間と同じでお手入れが必要という事です。昨今の不景気で100万円~150万円は高額な金額ですが、建てる時に2000万円から掛かった大事なお宅を長年持たせなければ、傷んでしまうばかりです。外壁の塗替えをお考えの方は当社までお気軽にご連絡下さい。現場監督兼営業のくっさんがしっかりみなさんのお宅をお守りします。外壁の塗替えにはひとつ注意しなければいけない事があります。ここ何年と訪問される業者やポスティングされていく業者が多数いますが、低価格の見積りを持ってくると思います。安い見積りには注意が必要です。当社の塗替えは下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを行います。安い見積りは1回しか塗装していかないことが大半です。見た目はきれいになっても、3~4年で色あせてきたりする事があるので、結果的に塗替えのサイクルが短くなり、費用も膨れ上がっていきますので、現場監督を配置したミヤガワトーヨー住器で、安心価格の高品質な外壁塗替えをお勧めします。
現在塗替え作業を行っている現場の写真を毎日更新していますので、最新施工事例も参照してください。
[PR]
by tfcb0301 | 2010-09-07 17:09 | ミヤガワトーヨー住器の建物講座